直線上に配置

<No.803>

つけめんTETSU 品達

担々つけめん(並)¥800

つけめん 大盛¥850 (2008.8)

ひろぽんクオリティー

担々つけめん(並)+あじ玉
¥800+¥100

住  所:港区高輪3-26-20
最寄駅:JR品川駅(徒歩2分)
電  話:03-3443-2102
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無休
訪問日:2007年12月/2008年3月/2008年8月
2011年6月
お店のwebsite

お店の情報はコチラ
※営業時間は2012年12月に修正しました

【担々つけめんの感想】2011年8月
本日は、11:50到着で行列が6名。並びましょう!限定狙いだったのですが、本日は無しとのこと。本日も担々つけめん。担々風味のつけ汁(ソース)は、辛さ控えめで、ゴマの風味がきいた感じ。麺がなくなる頃には、つけ汁もなくなります(笑)

【担々つけめんの感想】2011年6月
担々麺のつけ麺バージョンって、担々麺ってこんな感じですよね!的なお店が多く、これなら普通に担々麺を注文したほうがよかった、と内心思うことがあるかと。TETSUさんのそれは、ソースといっても良いくらい濃厚なつけ汁に、担々風味を加えた感じで、あくまでもつけ麺であることを主張。密度感のある麺も美味。200gながら他店の300gに相当するくらいの満腹感がありました。

【つけめんの感想】2008/8月
今日は、つけ麺大盛(300g)。相変わらず、プニュッとした麺が美味しいですね。つけ汁は、適度な濃度で、麺との相性もバツグン。今日のつけ汁は、魚比率が以前より高めの印象ですが。同行者が初訪のため、名物の焼き石をお願いしました。想像していたより、熱くならないと冷静でしたね。

【煮干そばの感想】2008/3月
本日は、煮干そば。強力な煮干ダシのスープは、魚が苦手の方には、ちょっときびしいと感じる限界領域。麺は、細めのシャキシャキしたもの。煮干ファンにはたまらないラーメンですね。別件ですが、つけ麺温盛の麺に入るスープが、茶色いものに変わっていました。

【辛つけめん温盛の感想】
本日は、辛いつけ麺温盛を大盛で。今月だけで3回目の訪店です。辛つけめんは、基本のつけ汁に唐辛子系の辛味を加えたもので、ダシの旨みそのままに辛味を少々強調した印象です。普通のつけめんのほうが好みかなぁ。本日の昼時の行列は10名。

【つけめん温盛の感想】
今日は、つけめんの温盛を。いったん水で〆られた麺は、温かいスープがそそがれた丼に入って登場。普通のつけめんに比べ、つけ汁の絡みは弱くなりますが、この時期、この温かさは魅力。しかも根性のある麺は、最後までしっかりしたコシを維持。途中、焼き石を投入しましたが、器を持てないくらい熱くなりました。本日も昼時20名の行列。

【つけめんの感想】
2007年12月1日に品達にオープンしたお店です。本店は、千駄木にあります。本日のランチ時は、つけめん/辛つけめんの温盛と普通のものだけで煮干そばはありませんでした。普通盛200gは750円、大盛300gは850円、特盛400gは900円。温盛は、各10円増し。お味のほうは、とにかく麺が美味。噛み応えがあるのですが、もっちりしていて、徐々にソフトでまろやかな食感へと変貌していきます。つけ汁は、動物系と魚介系のダシのバランスがとれた、ほどよい濃度のもの。食べている途中で、焼き石を投入。芳ばしさと共につけ汁も温まり、最後までおいしくいただくことができました。価格は高めの設定ですが、一日の大半をこのエリアで過ごす住人のランチの選択肢としては魅力的ですね。但し行列が。。。。昼時20人の行列で、並んでから食べ終わるまで60分ですね。

焼き石

煮干そば¥700 (2008/3)

つけめん特盛¥900 (2007.12)

つけめん温 特盛¥910 (2007.12)

焼き石を投入