HotVBS


メモ帳で、テキストを選択します。


メモ帳で、ホットキー(初期設定ではCtrl+Enter)を押すと、
HotVBSで選択されていたVBScriptが起動し、
メモ帳の選択範囲をマクロ編集(変換文字列と置換)します。

HotVBS (ホットVBS) Ver 1.0(2013-07-03)
は、Windows98/Me/2000/XP/Vistaパソコン上で動作する、ツリー管理ホットキー実行のVBScript/JScript編集ソフトです。
テキストエディタ用の、テキスト編集マクロツールとして使える、
スクリプト「エディタ」+「デバッガ」+「マクロランチャ」のようなソフトです。

Ver 1.0では、ダブルクリックで1語選択したとき、選択文字列を色分け表示するようにしました(ESCで色分け解除)。


[1]概要


[2]動作環境


[3]著作権、使用条件

本ソフトとその付属物についての著作権は、桝岡が保有しています。
本ソフトはフリーソフトウェアです。商用、非商用ともに、無料で使用することができます。

本ソフトの使用によって生じた損害等については、作者は何も責任を負いません。
同梱しているスクリプトの例は、自由に改変して使用してください。
改変したスクリプトの再配布や販売は、改変した人の判断と責任で行ってください。



[4]ダウンロードとインストール

(1) hotvbs.zip (534KB) をダウンロードしてください。
(2)ダウンロードした、hotvbs.zip を解凍してください。

(3)解凍後、hotvbs.zip はエクスプローラで削除してもOKです。
(4)ファイルを、お好みのフォルダに置いてください。
(5)お好みにより、ショートカットを作成してください。

以上で、インストールは完了です。
エクスプローラで HotVBS.exe をダブルクリックすると起動します。
起動時に、HotVBS.datが読み込まれ、終了時に自動保存されます。
HotVBS終了時に、HotVBS.exeのあるフォルダに、

が保存されます。
自動バックアップがONのとき、月が替わって起動すると、*.dat に年月を付けて自動バックアップされます。

前処理スクリプトがある場合、起動時に前処理スクリプトが読み込まれ、選択スクリプト実行直前に、前処理スクリプトが実行されます。JScriptを実行する場合はHotVBS.jsで前処理が実行され、VBScriptを実行する場合はHotVBS.vbsで前処理が実行されます。
HotVBS.vbsの前処理では、変数や関数に日本語を使用できるように、全角文字を半角文字(文字コード)に変換しています。使用しない場合は、変換部分をコメント化してください。
前処理スクリプトの詳細は、前処理スクリプト内のコメントを参照ください。


[5]バージョン情報

Ver 0.1(2007-07-01):新規
Ver 0.2(2007-08-22):JScriptに対応、VBScript前処理のバグ修正、前処理のスクリプト対応
Ver 0.3(2007-09-04):.での入力補完起動、JScriptのキーワード追加
Ver 0.4(2007-10-01):タブによる複数ファイル対応、ループ中断の改良、MsgBox表示の改善、エディタのバグ修正
Ver 0.5(2008-01-06):テストタブ新設、Editor/ClipBoard/FileDialogオブジェクト追加
Ver 0.6(2009-02-21):WScriptオブジェクト追加、Editor/HotVSBオブジェクトの仕様変更
Ver 0.7(2009-12-13):前処理スクリプトのバグ修正、Gridオブジェクト追加
Ver 0.8(2010-04-03):前処理スクリプトとFileDialogオブジェクトのバグ修正
Ver 0.9(2012-02-19):Fnキーで個別実行を追加
Ver 1.0(2013-07-03):ダブルクリック1語選択での色分け表示を追加(ESCで解除)


[6]アンインストール

HotVBSが不要になり、削除する場合、エクスプローラでファイルを削除してください。


  V-Tailsのトップへ戻る
Copyright(C) 2013-07-03 桝岡秀昭