赤ピーマンのムースとズワイ蟹、コンソメジュレと一緒に
トウモロコシの冷たいポタージュ
茄子のフランとスモークサーモンとセップ茸のジュレ/青海苔のマドレーヌ
日比谷公会堂。シャンパーニュ(ジャン・ボバン)グラス1450円はちょっと高いかも
キャラメルとナッツの冷菓”ヌガーグラッセ”。コーヒー。小菓子。夜に映える白い壁のレストラン
シャラン産鴨胸肉のロースト、甘酸っぱいソースで
外観からは想像できない洋風な店内。古い家屋を改装した店内はゆっくりと時間が流れる感じ
日比谷公会堂のすぐ西側にある一軒家。緑が豊かで郊外のレストランに行ったような雰囲気
住  所:千代田区日比谷公園1-2
最寄駅:内幸町駅(A7徒歩3分)/日比谷駅(A14徒歩4分)/霞ヶ関駅(C1・B1a徒歩4分)
電  話:03-3591-1023
営業時間:11:30〜14:00L.O./17:30〜20:30L.O.
土曜は20:00L.O.
定休日:日曜・祝日
訪問日:2013年8月
お店のwebsite


【感想】
満足度★★★☆☆
再訪度★★★☆☆
ジャパン・レストラン・ウィーク(7/19〜8/7)で訪店しました。期間中は5250円(税込・サ別)の特別メニューが提供されます。料理は、ジュレを多用したり、メインには酸味のあるソースを使ったり、デザートが冷菓であったり、夏らしさを感じさせるものでした。

<No.255>

南部亭