【2010年9月の感想】
ちょっと見ではビストロとわからない外観。カウンターメインのとても居心地の良いお店でした。メニューは大きな黒板。素直にお奨めを伺うのもありかと。お奨めは穴子のフリット。ふんわかで、サクッとして美味。トリュフ塩の適度な旨味がベストマッチの逸品。どのお皿もとても美味しかったのですが、ひと皿のポーションがあります。そのため、ひとり2皿が適量かと。ワインはあまり詳しくないのですが、良いものを選んで、安く提供しているみたいでした。
栗と白レバーの焼き餃子 800円
黄金(ゴン)鯵と水ナスのマリネ 1800円 

カウンターがメインのレイアウト。椅子が秀逸

路地裏で目立たないのがステキなお店

おすすめのシャンパン ボランジェ1500円(グラス)

子羊モモ肉と夏野菜のロースト 2600円 
ココナッツのブランマンジェとマンゴーのスープ 900円
ブルゴーニュシャルドネ アラン・シャヴィ2008 1000円

<No.108>

en.terrible(アン テリブル)

住  所:中央区銀座7-16-21 雲ビル1F
最寄駅:地下鉄東銀座駅(徒歩5分)
電  話:03-3544-5205
営業時間:18:00〜24:00
定休日:日曜・祝祭日
訪問日:2011年6月/2010年9月
お店のwebsite


【感想】
お店のホームページで、おすすめ料理に子羊のローストを発見!二度目の訪店です。おすすめの白ワインで乾杯!前回同様に黒板メニュー登場。おすすめはゴン鯵と水なすのマリネ。脂がのった鯵にアボガドがからみ、濃厚ながらさっぱりした味わい。お目当ての子羊は大きなストウブで登場。お肉と野菜の量にびっくり!薄い塩味で、マスタードでいただきます。出汁のしみた野菜がこれまた美味。満足のひと皿。鴨胸肉のローストも注文したのですが、注文時にお店の方から保留の提案が。正解(笑)。ココナッツのブランマンジェでお腹を整えてごちそうさま! 料金は税込サービス料なし。別途席料@600円

栃木産あさの豚の自家製スペアリブグリル2800円

近海産舌平目のムニエル2800円

フランス産鴨肉とフォアグラのテリーヌ1800円

穴子と万願寺唐辛子のフリット1800円

パン3種