本文へジャンプ

Nerima Challenge Team 〜ねりまチャレンジチーム〜

機体・チーム経歴〜Bianca-2010出場記録報告〜

またまたチーム新記録 飛距離250mを達成!!

湖畔で待機・整備

 2010年7月24日の午後、向かい風約1.5mと願ってもないコンディションの中、絶妙のテイクオフでプラットフォームを飛び立ったBiancaが優美な飛行を見せました。
 一昨年、Aoiで他チームとの機体仕上がりに差を見せ付けられたチームメンバーが一念発起、2年間全力を挙げて作り上げたBiancaは、有力チームや大会運営側でも注目の機体となり、秘めた力を感じさせながら湖岸でフライトの順番を待ちます。
 その間も、何人もの見学者が訪れ機体完成度の高さを話題にしていきました。

テイクオフ!

 BiancaはAoiの反省から、2本ある後部胴体の剛性を高め、かつその長さも少し短くするとともに垂直尾翼の面積を1割へらし、後部重量の逓減と操縦応答性を高めてあります。
 また、課題であった表面被覆フィルムも、常勝チームと遜色ない仕上がりとなり、真夏の太陽を反射してBiancaがキラキラと輝いていました。
 フライト順は一昨年と同じ7番目。機体セット、ゲートオープン、仮桁まで作って、それこそ何十回も練習したテイクオフがものの見事に決まり、高い初速を得たBiancaが琵琶湖の空をすべるように滑空していきます。このまま行けば300mオーバーも間違いないと思ったとき、機首があがり速度が落ちます。操縦応答性の良さが裏目に出ました。パイロットにとっては初めての機体です。いくらシミュレーションで練習しても実機で飛ぶのはこれが初めて。その後、速度回復に努めますがいかんともしがたく250mまで粘って着水。
 Aoiの悔しさからチーム一丸となって飛ばしたBiancaとメンバーの暑い夏は終わりました。

 皆様の様々な応援、支援にチーム一同、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

>> Bianca2010製作記録のページへ

【前のページに戻る】

フライトシミュレーターソフト「Bird」のダウンロード

機体とチームの経歴紹介


Copyright(C) 2008- ねりまチャレンジチーム All rights reserved.