2009年12月6日(日)
ウォークマン。

いつでもどこでもマイケルを聴いていたくて、ソニーのウォークマンを買ったんである。ちなみに私はこういうものは全部i−Podというんだと思ってた。おっくれってる〜。ウォークマンっていうとどうしても昔のカセット入れるやつが浮かんじゃうのね。今はこんなに進化したのね。どこまで行くのかしら。それはいいとして。もともとマイケルのベスト盤を聴いてたくらいマイケルの歌はけっこう知ってたんだけど、今なぜ改めて夢中かと言うと、歌詞の意味を意識して聴くようになったから。今まで、マイケルに限らず洋楽は全部、ただ耳に心地よいものを好んで聴いてただけで、なので何度も聴いていた「ビリージーン」が、(簡単にいえば)ストーカー被害を嘆いてる歌とは思いもしなかったんである。(でもちょっとあやしい一節がまたいいんである。)
思えば、今年松っちゃんが結婚したのがショックでテレビを見なくなり、ひたすらヒュー・ジャックマンを観てたら英語が聞き取れるようになりたくなってスピードラーニングを聞き始め、その成果は出てないものの、おかげでマイケルの歌の魅力が何倍にも感じられるようになった。これはもう、春に当たらなさそうな占い師に言われた「あなた国際結婚するね」の言葉がリアルに思えてしかたない自然な流れなんである。国際結婚したいかって考えるとしたくない気がするけれど。
今のところ私のウォークマンのほとんどがマイケルとジャクソン5だが、S子ちゃんに借りたレディー・ガガとアメリカンアイドルシーズン7で大好きになったデヴィッド・クック&アーチュレッタくんも入っている。あとスピードラーニング。

2009年11月23日(月)
ひきつづき・・・
ご多分にもれず、持ってなかったマイケルのCDやDVDをAmazon.comで片っ端から購入しているのである。昔カセット(!)で持ってた「BAD」も、改めてCDを購入。でも生産が追いつかないらしく、入荷待ちになるものも多い。
下の日記に載せた映像はDVD「ヒストリー・オン・フィルム」に収録されてるものだった。マイケルのショートフィルムはメディアで目にしたことのあるものが多いけど(「BLACK OR WHITE」を学生の頃観た衝撃は今でも忘れられない)新しいものでは初見のものが多くて、その度に無二のかっこよさに身悶えする。「IN THE CLOSET」や「BLOOD ON THE DANCE FLOOR」なんかのたまらないエロティックさは、「BAD」のカセット聴いてた頃の私にはわからんかっただろうなあ・・・。大人になってよかった。
実はこのところマイケルの死に方、また(私も含め)それに対する周りの反応に関して、ぐるぐるといろんなことを考えてしまい、頭も胸もいっぱいであまりご飯を食べたくないという状態になっていた。食いしんぼうの私がここまでなるのは珍しいことで、そのわりには痩せないもんだな、どうりでちょっとダイエットしたくらいじゃ痩せないはずだな、とか余計なこともたまに頭をよぎりつつ、多分少なくとも「THIS IS IT」の公開が終わるまでは考えずにいられないのだと思う。なので〜最終日のチケットも今から予約購入〜。だっていつ行っても満席だからね。って、何回行ったの私。とにもかくにも、最終日観て、ちょっとは気持ちに決着をつけたいと思っている。
そうそう、「THIS IS IT」の中で初めて聴いた曲がある。「THEY DON'T CARE ABOUT US」・・・ダンスも含め大好き。なんとかしてサビのアップテンポな「All I wanna say is that They don't really care about us」の部分を一緒に歌おうとしている自分が、滑稽でたまらないの。
2009年11月15日(日)
復活。
ホームページが復活したんである。あれは9月の初め。「X−MEN:ZERO」の公開直前にヒュー・ジャックマンが来日して、私ったら超うれしいってな浮かれた日記を書いて更新したら、なぜか真っ白になってしまったんである。もうこれは、「漫画家なのに絵も載せないで好きな人のことばっか書いてるんじゃない」という戒めなのだと受けとめ、まあおそらくほとんど見てくれてる人もいないだろうしね、と思って、ほったらかしにしていたところ、やたら身内や知人から「最近大丈夫なの?」と心配メールが来るようになり、もしかしたら読者の方の中にもちらほらくらいは心配してくれてる方がいるかもしれない、と思って復活してみたんである。もしおひさしぶりな方がいらしたら、ちょっと嬉しい。初めましての方ももちろん嬉しい。
ところで。
久しぶりと言えば、すごく久しぶりに「まっすぐにいこう。」の読み切りを描きました。発売中のコーラス12月号に載ってます。コーラスは毎月28日発売なので、「まっすぐ」が載ってる号は27日までしか本屋さんに置いてません。だからみなさんぜひ、ぜひぜひ・・・
「THIS IS IT」を観に行こう!!27日までだから!!
そうなのだ。私がホームページを復活させたかったのはこれを言いたかったからなのだ。
マイケルジャクソンの熱狂的なファンの方はおそらく既に観てると思う。私はそこまでじゃなくて、「昔好きで今でも曲は好きで聴くけど、なんか変な人になっちゃったんだよね」と思いながら、それでも気になるので公開初日に観に行って観客の多さにびっくり。そして内容にびっくり。映画のお共に必ずポップコーンを買うのだけど、予告が終わって本編始まった途端、食べることを一切忘れてしまった。あんなにポップコーンを残したのは人生で初めて。ごめんね、スケールの小さい感動の伝え方しかできなくて。
観終わって、とっても切なくなったのも事実。ああ、全然死ぬつもりじゃなかったんだなあ・・と。これ、ヒース・レジャーの時も思ったのね。
それから、私はマイケルジャクソンの何を知ってて「変な人になっちゃったよね」って思ってたんだろう、と悲しくなった。もっと自分でちゃんと考えてれば、マイケルが生きてるうちに、今くらい熱狂的になれたのに・・と。勝手な想像だけど、そういう人が世界にたくさんいる気がする。
だって、リハーサル風景も圧巻だけど、周りの人への態度がすごく素敵なのよマイケル。
と言うわけで、どう考えても私、しばらくはここにマイケルのことばっか書くね。しかたないね、そういう性格なんだね。
これは、ゆうべ見つけて何回も繰り返し観た映像。興味ある方はぽちっとね。音が出るから気をつけてね。
きら。
漫画家きらのホームページです。

こちらに、インタビュー載ってます。


デラックスマーガレット3月号に読み切り描きます。