2006年度 南部杯サッカー大会 大会要項

組合表へ 5年生結果(5/13現在)

大会主旨 ◎多くの子どもたちに試合出場の機会を与え、一人ひとりの育成の場とする。
◎近隣チームとの試合を通して、交流を深め親睦を図る。
◎一人ひとりを伸ばすためには、どのような指導が適切か、試合を通して指導者の研修の場とする。
1.大会名 平成18年度支部大会
2.主催 市川市サッカー協会
3.後援 市川市教育委員会
4.大会日程 6年の部 平成18年10月**日(土)、**日(土)
5年の部 平成18年5月13日(土)、20日(土)
4年の部 平成18年12月**日(土)、**日(土)
5.会場 6年の部 
5年の部 塩焼小、塩浜小、富美浜
4年の部 
6.参加資格 ・参加チーム(市内)は市サッカー協会第4種委員会に加盟登録すること。
・大会参加者は市川市サッカー協会第4種委員会に個人登録済みのもの。
・大会参加者はスポーツ安全協会傷害保険に加入のこと。
・大会参加者は全員保護者の承諾を得ていること。
・参加チームは、所定の大会申し込み手続きを終えたチームであること。(メンバー表の提出があります。締め切り日までに事務局まで郵送してください。)
・原則として他学年の児童は出場できない。ただし、該当学年が14名に満たない場合は、下学年から補充してもよい。尚、上学年に出場しても、本来所属する学年の大会に出場できるものとする。
7.競技規則 ・競技規則は、日本サッカー協会少年競技規定による。
・11人制サッカー。
・試合時間は15分ハーフとする。(6年は20分ハーフ。)
・選手の交代は何名でもよい。(交代自由)
・該当学年が11名に満たない場合は、下学年よりメンバーの補充ができるものとする。ただし、該当学年の選手は常時出場していること。
・試合球は4号手縫いボールを使用する。
・PK戦のポイントは、7mとする。
・競技場のセンターサークルは半径6m、ゴールエリアはポストから4m、中へ4mとする。ペナルティエリアはポストから11m中へ11mとする。
・予選リーグ・決勝リーグとも勝ち点制(勝−3点、引き分け−1点、負け−0点)とし、同点の場合は、得失点差、総得点の順で優位なチームを勝ちとする。同順位がでた場合は、PK戦により順位を決める。
8.運営方法 ・審判は会場ごとに各チーム1名審判員を派遣し、審判団を構成する。(参加チームで相互審判。3チームリーグの場合は3名。)
・審判を行うにあたっては審判服を着用する。
・ユニフォームは2着用意する。
・けがについては応急処置は行うが、その後はチーム責任者に一任する。
・会場には絶対に迷惑をかけないよう煙草の吸い殻、ゴミの清掃をお願いいたします。
・駐車をする際は、車のフロントガラスにチーム名を明示し、所定の場所以外の駐車は厳禁とする。会場の指示に従うこと。
・各会場とも駐車スペースがないので、最小限の台数とする。
9.表 彰 ・優勝…賞状・カップ(トロフィー)
・準優勝…賞状・トロフィー
・3位…賞状・トロフィー
※6年生の部優勝チームは、チャンピオンカップに出場する。
10.参加費 ・1チームにつき2,000円。(1団体分を一括で、5年の1日目に集金する。)
11.その他 ・各会場責任者は、試合結果をその日のうちに齋藤までFAXで報告する。(***−**** 齋藤自宅FAX)
 又はe-mail ***@***.**.jpまで